予想外の雪が降った日。ミスタードーナツで少しだけお茶

今日も娘と何しようかなぁと考えていたら、何と外を見たら雪が降ってるではありませんか。そんな予報じゃなかったはずなのに、びっくりです。外へ出てみても、やっぱりとても寒くて自転車でどこかへ行くことなんてできそうにもありません。

私は車を運転しないので、普段自転車か徒歩でのおでかけなんです。なのでお出かけするときは天気に左右されてしまうので、今日みたいに雪が降るくらい寒いと、今日は一日ひきこもり確定です。

とは言え、娘と2人きりで何もすることないなぁと思っていたら、母からメールがありました。「アピタに野菜買いに行く?」という嬉しいお誘いメールです。すぐに「行く!」とメールすると、すぐに車で迎えにきてくれました。ずっと一日家にいるつもりでいたのに、外へ出られて嬉しいです。娘もおでかけできることに、飛んで喜んでました。

アピタへ着いたら、早速野菜を買って、あとは母が、娘と幼稚園に行っている息子におやつを買ってくれました。さらには旦那へ遅くなったバレンタイと言って、チョコレートとウイスキーまで買ってくれました。買い物が終わった後は、ミスタードーナツで少しだけお茶をして帰りました。

母はその後お仕事へ行き、仕事前なのに、私たちを連れ出してくれてありがたいです。帰ってからはお昼ご飯を食べたり、となりのトトロのDVDを見たりして、息子が幼稚園から帰ってくるのを待ちました。今日は一日家にいるつもりが、半日だけでも外に出られて良かったです。

慣れない鮭のホイル焼きを失敗しちゃいました

昨日買いだめして冷凍庫に保存しておいた鮭を冷蔵庫内で自然解凍して置いたので、今日食べることにしました。いつもは耐熱容器に乗せてラップを掛けて、電子レンジでチンして加熱して食べてるんですが、今日は野菜室にもやしやエノキがあったので、ホイル焼きにしてみることに。

アルミホイルの上にもやしを敷いて、その上に鮭を置き、ざく切りにしたエリンギを乗せて、塩コショウを振ってバターを一欠乗せたら、アルミホイルで包み準備完了。フライパンに薄く水を張って、包みを入れて蒸し焼きに。

しかしいつもの電子レンジでは、ワット数が高めのレンジというのもあって3分で中まで火が通りますが、ネットで情報を調べつつホイル焼きを作ってると、10分以上かかるとかなんとか。正直蒸し焼きにしてる途中で、大人しくレンジで加熱すればよかったと、ちょっと後悔してました。

とりあえず中火で10分ほど蒸し焼きにして取り出し、アルミホイルを開いてみると、外側はちゃんと火が通ってる様子。中はどうだろうと少しほぐしてみると、案の定生な感じでした。

またホイルに包んで蒸し焼きにするのも手間ですし、結局レンチンして火を通して食べました。これなら鮭は普通にレンチンして、もやしとエノキは別で炒めたほうが良かった気がします。食感もいつもと変わりないですし、バターの風味も飛んでますしね。

料理教室 大阪

敗因は何だったんでしょうね、これは。時間的には充分だったと思うんですが、一緒に入れたもやしとエノキの量が多すぎて、鮭に火が通りにくくなっちゃったとかでしょうか?ちょっと悔しいので、近いうちに次は鮭だけ包んでみて、リベンジしたい所です。

家族でお墓参りに行きましたが、副住職の態度にびっくりしました。

現在、私は、43歳です。8歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子を子育て中の主婦です。先日の日曜日、主人の祖父の43回忌がありました。私と主人・子ども2人・お姑さんの家族5人で、お寺へお墓参りに行きました。

お寺に到着し、まず主人が、お墓にそなえる43回忌の新しいお塔婆をお寺にもらいに行きました。お寺から、穏やかな顔の副住職さんがでてきて、主人に新しいお塔婆を渡しました。ところが、お塔婆に書かれていた主人の名前が間違っていました。

主人が、副住職さんに間違いを指摘しましたら、穏やかな顔だった副住職さんが、そっけない顔になり、「それは、住職に聞いて下さい。」と言いました。このお寺の住職と副住職は、親子の関係です。住職は、お父さんが、副住職は、息子さんがしています。私と主人は、副住職さんの態度に、えっ? と思いました。

主人は、副住職さんに言われた通り、別宅にいる住職さんをたずねました。ところが、主人が、別宅のチャイムを押しても、誰もでてきません。主人は、また、お寺の副住職さんをたずねて、住職さんがでてこないことを話しました。

すると、お寺の奥から、「絶対に住職がいますから、聞いてみてください!!」と怒鳴り声がしたそうです。そして、主人は、やっと住職さんをつかまえることができ、お塔婆の間違いについて話しました。住職さんは、お塔婆の字を後で直しておくとのことでした。

塔婆の字は間違えているし、副住職のでかい態度といい、私は、ここのお寺は、大丈夫かしらと思いました。家族で、無事にお墓参りをした後は、おいしいジェラードを食べて帰りました。

シティー・ループバス「るーぷる仙台」に乗り仙台市内を観光

以前、偶然のなりゆきで仙台市に行くことがありました。その時、仙台の素晴らしさに触れることができ、また仙台に行きたいと思います。仙台駅に着いた私たち(仙台空港から駅までの乗り物にも、少し興奮したのですが)は、シティー・ループバス「るーぷる仙台」に乗り、仙台市内を観光しました。

伊達家三代を中心につくられたおたまや(お墓)・「瑞鳳殿」(ずいほうでん)、伊達家を中心とした仙台のお宝がある、「仙台市博物館」、伊達家の遺風を現在にも伝える「大崎八幡宮」、仙台城址、定禅寺通をはじめとする繁華街などを「るーぷる仙台」を使って、仙台市内を見て回りました。

バスは、観光ポイントを押さえてくれて。近くに止めてくれるので、楽に仙台市内を見て回れます。クラシックなデザインのバスは素敵で、載っているととても楽しいです。私も1日乗車券を買って乗りました。1日乗車券は、素敵なお土産になりました。

仙台は素敵な町でしたが、特に「瑞鳳殿」の美しさはとても素晴らしいものでした。戦後に建て直されたそうですが、当時の気風を今にも伝えているかのようでした。再建にあたり、発掘調査が行われ、その時に出たものも資料館に展示されています。私は墓マイラーではありませんが、「瑞鳳殿」をまた見学したいと思っています。

その前には、歴史をしっかりと勉強しておきたいです…資金を蓄えると同様に必要だと思っています。あと、仙台に行ったときの牛タンとずんだ餅、かまぼこはお勧めです。空港で飲んだずんだシェイクも美味しかったです。

仙台に行く予定の方は、牛タンとずんだ餅およびずんだシェイク、かまぼこを食べたり、飲んでみてください。仙台についての思い出をいろいろ語ってしまいました。仙台にまた行きたいので、頑張って働こうと思っています。

だらけず午前中をうまく活用するための方法

1日を上手に使うために色々と考えてみました。現在、働いていた仕事の契約満了で、次の職を見つけている段階で暇な毎日が続いています。明日も明後日も予定がないとなると朝だらけてしまいます。

まず朝7時半に目覚ましをかけているのですが、一旦起きてその後また寝ていつも9時前になってしまいます。それからご飯を食べてまた一眠り、行動をはじめるのはいつも午後からになってしまいます。思うと、近所の小学生でも朝7時くらいには起き、きちんと支度を済ませて学校へと行って午前中の勉強に励んでいます。

家事代行 東京

私は小学生以下かと思うと少し悲しくなるので、必ず明日から改善します。まずなぜ朝7時半に起きれないのかということです。寝る時間が遅いわけではありません。毎日、12時前には就寝しています。

という事は必ず7時半に起きるために、7時半にしかできないような行動をしてみようと考えました。ラジオ体操だとちょっと遅すぎます。ですのでテレビをつけようと決めました。行動の手順はこうです。

7時半に目覚ましが鳴ると、目覚ましを止めまず最初にカーテンを開けます。光を浴びて二度寝をしないようにするためです。次にテレビをつけてめざましテレビを見ながら朝ごはんの準備をします。音をつけることで、さらに二度寝しないようにします。

朝ごはんを食べ終わって、歯磨き終えた後、仕事用の座布団に座り、日記を10分間書きます。その後、今日いちにちしたいことを付箋に書き出します。優先順位を決め、上から3つだけやることにします。この1連の動作を行うことによって寝ずにうまく午前中を活用するようにしたいと思います。

お菓子をたくさん頂いた日。貧乏節約生活でも頑張れる

今日は、会社でお菓子をたくさん頂きました。最初は、嫌でたまらない職場で、いつ辞めようか、でも辞めたら生活出来なくなるしどうしよう、、といったことばかり考えていましたが、だんだん状況も変わり、お菓子も頂けて、ちょっとしたことなのですが、嬉しく思いました。

私は、思いがけず発症してしまった、なかなか治らない病気を患いながら仕事をしております。お金を気にしない気楽な毎日から一転し、10円、100円でも少しでも節約しなければ、少しでも稼がなければ、医療費を含めた生活費が捻出できません。

こんなことになるとは想定外で、それなら高いマンションを購入しなければよかった、と後悔しますが仕方ありません。お菓子をたくさん下さったのはリッチな方です。関西一の高級住宅街のに住まわれていらっしゃいます。

豪快な方で、海外出張の時にも、必ずたくさんおみやげ物(チョコレート菓子などの甘いお菓子が多い)を配ってくださいます。おかげで少し太ってしまいましたが、やはり嬉しいものです。

貧乏節約生活になってからは、毎日自分でお弁当を作っていますが、量が少なく小腹が減ったなぁ…と思っているときに、思いがけず、甘いお菓子をくださったりするのです。甘いお菓子を食べれば、もうひと頑張りしようかとなります。

大変なことも嫌なことも落ち込むことも色々ありますし、貧乏節約生活は続きますが、病気のリハビリも兼ねて、何とか辞めずに続けていこうと思います。

やりたいこと好きなことを仕事にする大変さ。果たしてその先には…。

仕事を巡って長らく、ああでもないこうでもないと悩み格闘し続けて早数年。誰しも、「やりたい」とか「好き」をそのまま仕事に直結させて生計と自己実現を叶えている人の方が少ないとは思う。私もまた本当にやりたいことを仕方なく犠牲にしたり埋没させたりしながら日々通勤してるうちの一人、決して珍しくはない多くの実例のうちの一人だ。

気持ちややる気がどうあれ、会社組織に属して与えられている仕事に携わる以上、プロとしてやり抜くことは当然の役割なのは分かってはいた。ただ、その傍らでどうしても割り切れない「気持ちの方の闘い」を長期的にしていて、人生のうちで仕事に費やす時間が長いだからこそ、貴重な時間を今の会社と本当にやりたいこととは違うことをする自分や人生に違和感を感じては、辞めるタイミングを今か今かと見計らっていた矢先のことだった。

埒の明かない長期戦にもさすがに疲れ切って消耗戦化していたとき、何と私の職場の実質監督というか管理的存在であるようなベテラン大先輩に、私の適切な仕事ぶりを素晴らしいと絶賛されたのだ。これにはたまげた!

最近言われた、上司からのぜひ職場の看板&軸的存在になってほしいという私への期待感に満ちた言葉とは裏腹に、看板や軸だなんてとんでもない、いつ辞めようかとタイミングばかり見計らっていた私だっただけにベテラン先輩からの賛辞は驚きだ!半分嬉しいけど半分複雑笑。

でも実際、まるっきり嫌なこと一色の仕事なのかっていうとそうじゃなくて、仲間うちとの会話の楽しさなんかに救われてる部分が少なからずあるのもまた事実。というわけで複雑ながらも、もうしばらくがんばってみるか、という気持ちになった。先輩に感謝!

自己啓発本

ワガママと気の強さは紙一重。勘違いしないようにしよう

「気が強い」というのはどのようなことを指すのでしょうか?よく、あの人は気が強いね。と、良い意味でも悪い意味でも使われますね。自分にとって気が強い人と言うのは苦手意識を持ってしまいます。

私にとっての“気の強い方”というのは、人を寄せ付けない一匹オオカミで自分を押し通し、自分は間違ってないという自信に溢れ、何を言われても気にせず気軽に話しかけられないオーラを持っている感じです。

人を寄せ付けないも一匹オオカミも自分を押し通すも考え方によっては、「ワガママ」でもあるかもしれません。自分は間違ってないという自信も、勘違いで周りが面倒くさいから適当に合わせてるかもしれません。

何を言われても自分は間違ってないと思う、根拠のない自信から来るものなような気がします。本当は弱いから自分を強く見せるように演じているだけかもしれません。これらが「気が強い」と言えるか、正解なのかは分かりません。結局は私が苦手なタイプなだけかもしれません。

本当に気が強い人と言うのは、何でしょうか。私の気の強さを持つという理想はマイペースを保てるひと。良い意味で。自分自身をしっかり持てば困難があっても立ち向かえると思うのです。ようするに、自信を持ってる方。

相手の事情がどんなかを考えられ、相手の立場になって物事を考えられる。自分の思い通りにすべてがいくわけではありません。相手がどんな立場か、気持ちを考えて行動出来ると迷惑を掛けることはありません。

経験は大事と切り替えられる何かあってもこれも経験!まっいっか!次にいこう!と前向きになれること。こういうものがあれば自信を持って何事も前向きにいけるのではないでしょうか。

自分をしっかり持つことが良い意味での気の強さ、本当の強さではないでしょうか?気が強いを勘違いしてしまうと、嫌なイメージを持ってしまいますね。

お金が欲しい!