お菓子をたくさん頂いた日。貧乏節約生活でも頑張れる

今日は、会社でお菓子をたくさん頂きました。最初は、嫌でたまらない職場で、いつ辞めようか、でも辞めたら生活出来なくなるしどうしよう、、といったことばかり考えていましたが、だんだん状況も変わり、お菓子も頂けて、ちょっとしたことなのですが、嬉しく思いました。

私は、思いがけず発症してしまった、なかなか治らない病気を患いながら仕事をしております。お金を気にしない気楽な毎日から一転し、10円、100円でも少しでも節約しなければ、少しでも稼がなければ、医療費を含めた生活費が捻出できません。

こんなことになるとは想定外で、それなら高いマンションを購入しなければよかった、と後悔しますが仕方ありません。お菓子をたくさん下さったのはリッチな方です。関西一の高級住宅街のに住まわれていらっしゃいます。

豪快な方で、海外出張の時にも、必ずたくさんおみやげ物(チョコレート菓子などの甘いお菓子が多い)を配ってくださいます。おかげで少し太ってしまいましたが、やはり嬉しいものです。

貧乏節約生活になってからは、毎日自分でお弁当を作っていますが、量が少なく小腹が減ったなぁ…と思っているときに、思いがけず、甘いお菓子をくださったりするのです。甘いお菓子を食べれば、もうひと頑張りしようかとなります。

大変なことも嫌なことも落ち込むことも色々ありますし、貧乏節約生活は続きますが、病気のリハビリも兼ねて、何とか辞めずに続けていこうと思います。