慣れない鮭のホイル焼きを失敗しちゃいました

昨日買いだめして冷凍庫に保存しておいた鮭を冷蔵庫内で自然解凍して置いたので、今日食べることにしました。いつもは耐熱容器に乗せてラップを掛けて、電子レンジでチンして加熱して食べてるんですが、今日は野菜室にもやしやエノキがあったので、ホイル焼きにしてみることに。

アルミホイルの上にもやしを敷いて、その上に鮭を置き、ざく切りにしたエリンギを乗せて、塩コショウを振ってバターを一欠乗せたら、アルミホイルで包み準備完了。フライパンに薄く水を張って、包みを入れて蒸し焼きに。

しかしいつもの電子レンジでは、ワット数が高めのレンジというのもあって3分で中まで火が通りますが、ネットで情報を調べつつホイル焼きを作ってると、10分以上かかるとかなんとか。正直蒸し焼きにしてる途中で、大人しくレンジで加熱すればよかったと、ちょっと後悔してました。

とりあえず中火で10分ほど蒸し焼きにして取り出し、アルミホイルを開いてみると、外側はちゃんと火が通ってる様子。中はどうだろうと少しほぐしてみると、案の定生な感じでした。

またホイルに包んで蒸し焼きにするのも手間ですし、結局レンチンして火を通して食べました。これなら鮭は普通にレンチンして、もやしとエノキは別で炒めたほうが良かった気がします。食感もいつもと変わりないですし、バターの風味も飛んでますしね。

料理教室 大阪

敗因は何だったんでしょうね、これは。時間的には充分だったと思うんですが、一緒に入れたもやしとエノキの量が多すぎて、鮭に火が通りにくくなっちゃったとかでしょうか?ちょっと悔しいので、近いうちに次は鮭だけ包んでみて、リベンジしたい所です。